検索
  • azaminoone

「私の履歴書」10 戦線離脱

最終更新: 2020年10月15日

外交官時代⑦


戦況は日に日に激しさを増しましたが、われわれ現地の人間は、CNNでそれを知るしかない、という不思議な状況でした。それほどに街中は平穏(少なくとも、表面上)で、大多数を占める移民労働者達は、何ごともなかったかのように生活していました(分かってはいても、何もできなかった?)。ただ欧米人、日本人は、めったに見かけなくなっていました。


中央銀行からは、その後も頻々と督促を受けましたが、本庁経由の照会に、本邦から返事はありませんでした。


2年の任期が迫りました。本庁から、任期を延長する気はないか、とのお話をいただきました。私自身に異存はありませんでしたが、銀行は、戻れ、との意向でした。おそらく、私の身に何かあったら、との懸念からと思われます。


後任は、電力会社から来てくれました。輪番の某行は辞退したようだ、とのことです。航空便は極めて限られており、ルーマニア航空(ツポレフ?)とのことで、板張りの床の隙間から、波がキラキラきれいだった、と言います。どうやら、耐気圧の関係で、低空飛行のまま来たようです。彼の勇気に、限りない敬意を表しました。


引継ぎを終え、何社かを乗り継いで成田に帰りました。途中、機内食に和食が出て、涙が出そうになりました。最後は東方航空で、成田着陸とともに大拍手で、肝を冷やしました。


本庁にご挨拶し、銀行に戻りました。


次へブログトップサイトトップ相続・事業承継ブログトップ略歴


59回の閲覧0件のコメント