検索
  • azaminoone

「私の履歴書」23 様々な体験

更新日:1月18日

銀行員時代⑯


在米中、様々な体験をしました。交通事故(軽傷)が2回、犯罪の被害が3回、うち裁判となったものが2回です。


被害のうちの1回は、「自転車泥棒」(窃盗)です。自宅の最寄り駅の自転車置き場につないでいた鎖を、夕暮れどきに何者かが金ノコで切ろうとしているのを、ホームで電車待ちの乗客が携帯で警察に通報してくれて、現行犯逮捕。略式裁判でしたが、証拠品の自転車は、ほぼ1ケ月後にようやく返還されました。


残る2回は、クレジットカードの悪用(詐欺)です。フロリダのディズニーワールド近くのホテルのフロントで、「カードを貸してくれ」と言われ、何の疑いもなく渡したところ、奥に入ってしばらくして返されたのですが、帰宅後にインターネットでいつものように最新の履歴をチェックすると、同日に、ナイキのシューズを4足続けて注文していました。すぐにカード会社に連絡をとると、慣れたもので、女性担当者が手際よく対応してくれます。損害保険手続により、支払い前にクレジット明細から消してもらえました。残る1回は地元の場末のガソリンスタンドで起きた同種のケースで、半ば強引に持っていかれ、ガムなどを買ったようですが、少額でもあり、放置しました。今思えば、ただの通りがかりの浮浪者だったかもしれません。とにかく、身の安全が最優先です。


ディズニーワールドといえば、うち1回、ディズニークルーズでカリブ海を回って帰るツアーでのことです。最終日に船内で米国再入国手続の際、二重国籍である娘たちのパスポートの提示に疑義を生じ、危うく再入国拒否されそうになって、肝を冷やしました。


米国に渡ってからの旅行は、宿・飛行機・レンタカーなど、ほぼ全てインターネットで個々に手配しました(エクスペディアなど)。概ね順調だったのですが、これもディズニーワールドに行ったときのことです。平日の仕事終わりに、遅い飛行機で家族で現地に到着したのが夜中の12時過ぎで、某ディズニー系列ホテルでキーを受取って部屋に入ろうとすると、暗闇の中にうすぼんやりと就寝中 の老夫婦らしき姿が。ダブルブッキングでした。ホテル側は恐縮して近隣ホテルの空き部屋を探し、送ってくれたのですが、着いたのは深夜2時を回っていました。


特に米国の、裁判をはじめとする様々な司法・行政手続を経験できたのは、後々への財産となりました。「怪我の功名」?、いや・・・


次へブログトップサイトトップ相続・事業承継ブログトップ略歴

  • dvcmember.disney.co.jp

閲覧数:37回0件のコメント