検索
  • azaminoone

里山で暮らしませんか?(さとやま で くらしませんか?)

更新日:9月30日

写真は、9月上旬の南伊豆の里山の夕暮れです。山頂に霧がかかり、静かな集落を見下ろす民宿から撮影したものです。


こんな、のどかな里山で静かに暮らしてみたい、という夢を抱く方々が増えつつあります。特に都市部で働く方、外国でハードワークの日々を過ごしてきた方、これからはもっと人間らしく、穏やかに暮らしたいという方、などでしょうか。


コロナ禍でソーシャル・ディスタンスを強いられ、不便なマスク姿でやむなく電車通勤を続けざるを得ない方々も少なくない一方、リモートワークが一気に普及するにつれ、日本でもようやく、ギグワーカー、ノマドワーカーなどの柔軟な働き方が選択肢の一つとして社会に認められるようになってきたと感じます。こうした中で、物理的な立地の不便さがワークライフバランスの観点から、むしろ「優位性」として改めて認識される時代が来たといえるでしょう。


空き家をリフォームして快適に住む、輸入ログハウスを仲間と建てる、古民家を移築して「こだわり」の里山ライフを満喫、後継者のいない旅館や民宿の経営に乗り出すなど、うらやましい事例も目立つようになりました。こんな魅力ある「移住」にご興味のある方は、ぜひご連絡ください。豊富な物件・立地の中から、納得の里山ライフを実現するため、契約・行政手続・ビザ(在留資格)の手続など、トータルソリューションの体制でお手伝いいたします。


→ 080-4355-4227 お問合せフォーム

私の履歴書シン・私の履歴書サイトトップ相続・事業承継ブログトップ略歴










しゃしんは、9月はじめ の みなみいず(南伊豆)の さとやま(里山)の ゆうぐれ です。山の上に きり が かかり、しずかな むら を みおろす みんしゅく から さつえい したものです。


こんな、のどかな さとやま(里山) で しずかに くらしてみたい、という ゆめ を いだく かたがたが ふえつつあります。とくに とし(都市)で はたらく かた、がいこくで ハードワークの ひびを すごしてきた かたなど、これからは もっと にんげんらしく、おだやかに くらしたい という かた、など でしょうか。


コロナか で ソーシャル・ディスタンスを たもち、ふべんな マスクすがた で やむなく でんしゃ つうきんを づづけなければならない かたがたも すくなくない いっぽうで、リモートワークが いっきに ひろがる につれ、日本でもようやく、ギグワーカー、ノマドワーカー などの じゅうなんな はたらきかた が しゃかい に みとめられるように なってきた と かんじます。こうしたなか で、ばしょ の ふべんさ が ワークライフバランスの かんがえかた から、ぎゃくに「よいこと」と あらためて かんじられる じだいが きた と いえるでしょう。


あきや を リフォームして かいてき に すむ、ゆにゅうログハウス を なかま と たてる、こみんか(古民家)を はこんで きて もういちど たてて「こだわり」の さとやま(里山)ライフ を たのしむ、こうけいしゃ の いない りょかん や みんしゅく の けいえい に のりだす など、うらやましい れい も めだつように なりました。こんな みりょくある「いじゅう(移住)」に ごきょうみ の あるかた は、ぜひ ごれんらく ください。ほうふ な ぶっけん・ばしょ の なかから、なっとく の さとやま(里山)ライフ を じつげん するため、けいやく・やくしょ の てつづき・ビザ(在留資格)の てつづき など、トータルソリューション の たいせい で おてつだい いたします。


→ 080-4355-4227 おといあわせフォーム

閲覧数:21回0件のコメント